効果的な使い方

ヒアルロン酸化粧品の効果を高めるためには使い方にポイントがあります。まずは洗顔で肌をきれいに整えます。メイクや皮脂汚れが残っていると、汚れが肌に刺激を与えたり、汚れによって肌への浸透が妨げられてしまいます。肌をこすらないように、よく泡立てた洗顔料で丁寧に洗いましょう。洗顔後は急速に水分が奪われるので、洗顔後すぐに化粧品を使用します。

化粧品を使用するには順番を守りましょう。まずは化粧水、その後に美容液をつけ、最後に乳液とクリームです。乳液とクリームはどちらか一方でも構いません。次々に化粧品を使用するのではなく、一つ使ったら肌に浸透するのを待って次の化粧品を使用します。化粧水は手でつける派とコットンでつける派がありますが、ヒアルロン酸化粧品は手でもコットンでもどちらでつけても構いません。コットンは叩くときやケバが刺激になるので、乾燥肌や肌が弱い方は手でつけるのがおすすめです。手のひらに化粧水をとったら、手を顔に押し当てるようにします。手の熱で浸透がよくなります。

低分子化したヒアルロン酸化粧品ならコットンパックもおすすめです。裂けるコットンを水で湿らせ、コットンに500円大の化粧水をしみ込ませます。このコットンを薄く裂いて、両頬、顎、額、鼻の5か所にパックします。3分経ったらパックをはがして、美容液やクリームなどでケアします。たっぷりの潤いを与えることができて、肌がしっとりとしてきます。